Quatre-Quarts.Blog

はじめまして、関西で活動中の弦楽四重奏団「カトゥルカール」です。 活動の報告、宣伝、募集、雑談など書いてます。 出張演奏のご依頼や演奏のご意見など、ご連絡の必要な方は→quatre4quarts4@gmail.comまでどうぞ。

プロフィール

カトゥルカール

Author:カトゥルカール
Quatre-Quarts 
 「カトゥルカール」とはフランス語で「4分の4」という意味で、卵・小麦粉・砂糖・バターを4分の1ずつ、同量合わせて作られる、フランスのケーキの名前です。
 私たちは、4人の個性を組み合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

森悠子レッスン

quatre-quartslogo.jpg
ファンの皆様、 こんにちは!
(え?いないって?!増やしていきましょー)

今回は4人で私(wacky)の師匠である森悠子先生にレッスンを受けに行ってきました。


受講曲はベートーヴェン(1770?1827)の弦楽四重奏曲第1番ヘ長調 op.18-1 より第1楽章

この曲は、ベートーヴェンがハイドンに師事し、ハイドンの教えに忠実に書いた最初の弦楽四重奏の作品18(全6曲)のうち2番目に書かれた曲であります。

ベートーヴェンが28歳から30歳のころ(1780年から1800年ごろ)に作品18が書かれ、1801年に出版されました。同じ1800年の作品として交響曲第1番があります。


森先生はバロック的な奏法、室内楽に関しても、素晴らしい指導をしてくださるので、非常に表現や奏法が難しい曲でしたが、カトゥルカールのステップアップには最適だったと思います。


バロック的な奏法が主流だったベートーヴェンの曲を、ただ音符を並べて弾くだけでは何ににもなりません。4人での合わせではわからなかったことや、奏法、スフォルツァンドの意味や、フレーズのやり方など、スコアの1ページ目(約30小節・・・。)だけでも1時間みっちりレッスンされました。


頭のユニゾン(全員同じ音)がまず合わないといけないし、ボーイングも変えたりしないといけないし、2拍分の休符で終わってしまわないなど最初の4小節からだめ出しだらけで始まったレッスンですが、3時間みっちりレッスンをして、これからの課題や目標、練習方法など、改めて認識できたり、奏法について右手の持って行き方や体の動き(動かない)など、とてもためになるレッスンでした。


また1楽章だけでなく、1番だけでなく、ベートーヴェンの曲だけでなく、Quatre-Quartsがこれからもっと素晴らしい演奏ができるように、今後もこうしてレッスンを受けていきたいと思います!


また、いつかベートーヴェンの弦楽四重奏曲第1番をお披露目する機会は作れたらなと思います。


どこか演奏をする場所や機会があればお知らせください。
小学校や幼稚園、老人ホーム、ケアセンター、病院、ロビー、レストランに喫茶店など今後演奏活動の場を広げて行きたいと思います!


現在の演奏予定

■9月27日(土) 15:00 
 ティータイムコンサート 文化パルク城陽ロビー  無料

■10月6日(月) 12:15 
 宇治市役所ロビーコンサート  宇治市役所1階市民交流ロビー 無料

□2009年4月4日 Quatre-Quarts Concert  予定


※6月29日の演奏は都合により出演しないことになりました。
ランキング投票する
スポンサーサイト

Theme:クラシック
Genre:音楽

comments(3)|trackback(0)|活動内容|2008-05-26_20:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

カトゥールカールのファンの一人です♪
こんにちは♪はじめまして^0^
5月から薫先生の指導をうけている息子の保護者です。
薫先生からこちらのブログを教えていただきました。
とても素的なカトゥールカールのファンになりました^0^
ティータイムコンサートとロビーコンサート楽しみにしています♪
勿論息子と一緒に行きますね^0^
今後ともどうぞ宜しくお願いします♪
初めてのコメント
これまで非公開で拍手を送ってきましたが、今回はおおっぴらに拍手を送ります。毎週細見先生に厳しく絞られています。その先生方がまだなお指導を森先生から受けられるとは・・・。奥が深すぎます。
6月29日は楽しみにしていたのですが、仕方ありませんね。来年4月の演奏会をいまから待ち望んでいます。
どうか若手の演奏家集団として、大いなる飛躍を成し遂げていただきたいと思います。
ありがとうございます!
コメントありがとうございます。ファンと言っていただける方々がいらっしゃるというのは誠に有り難いです。これから、どんどん活動を活発化していき、曲数も活動場所も範囲も、そして聞いてくださるお客様、さらにはリピーターやファンを増やせるように、頑張っていきます!演奏も、より良いものをお届けできるよう日々精進してまいります。今後ともよろしくお願いします。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。